前へ
次へ

営業系の転職で新規開拓か既存顧客対応か

会社には顧客があり、顧客に対して自社の商品やサービスなどを販売していきます。
会社としての実績が少ないところだと顧客も少ないでしょうが、長胃実績のあるところは顧客の数も多くなります。
営業系の仕事においては新規顧客を開拓するものもあれば、既存顧客への対応をするものもあります。
営業系の仕事で転職をするときに求人を探すなら、新規顧客開拓か既存顧客対応なのかを知っておくほうがいいでしょう。
新規顧客開拓はかつては飛込営業など体力が必要と言われていました。
今はITなどを使ってスマートに仕事をする会社も多いです。
既存顧客対応に比べて営業系の仕事の中でもやりがいがあるとされています。
既存顧客対応はルートセールスと言われる営業系の仕事になり、担当の顧客を周って御用聞きなどをしていきます。
新規開拓の営業系の仕事だとノルマの達成が厳しい時もありますが、既存顧客に対する営業系はあまりノルマを意識する必要はないかもしれません。
顧客とのコミュニケーションが重要なので、それができる人が応募すべきです。

Page Top